ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】

サイトメニュー

若くても発症する

カウンセリング

早めに受診する

短期記憶障害とは新しいことを覚えられなくなる症状で、昔のことは覚えていてもついさっきのことを忘れてしまうのが特徴です。記憶障害の中には色々な種類がありますが、新しいことを覚えられないと生活の中で不便になることが多いのでなんらかの対策が必要になります。例えば今日の日付がわからない、何処にものを置いたか忘れるといったことがありますが、このような症状が起こることで生活の中で当たり前にしていたことができなくなる恐れがあります。仕事をしている時にはミスが増えて大きな影響を出してしまうことがあるので、一時的に仕事を休まなくてはいけないという事態になることもあります。この短期記憶障害という症状は脳に異常があって起こる場合以外にもストレスを受けた時になることがわかっています。自分で自覚してないこともあるので、短期記憶障害の症状がでて初めて強いストレスにさらされていたという事実に気付くこともあります。その時には何が自分にとって悪い影響を及ぼしているのかを把握して、できる限りストレスが強くならないように生活の仕方を変えることも必要でしょう。忘れっぽくなるという症状は年配の人に多いイメージがあるかもしれませんが、実は20代などの若い人にも見られることがあります。脳の以上がなくてもストレスにより、短期記憶障害がでている人というのは多くが若い人です。そのため若いから大丈夫だと油断してはいけません。最近どうも忘れっぽいという悩みがある人は、ストレスが原因で短期記憶障害を起こしている可能性があります。短期記憶障害の症状がでている人はストレス源をなくす以外にも対策があります。それは精神科などを受診して内服薬で治療を開始することです。全ての人が治療の対象になるわけではありませんが、生活の中で困るほどであれば治療を検討してみても良いでしょう。短期記憶障害は軽度であれば、忘れないように努力をするなどの対策をしておけば、大きく困ることはありません。しかし症状が強いと気をつけていても忘れてしまい、大きな事故につながってしまう恐れもあります。うっかりしていたでは済まされないことにならないように、治療を早めに開始しておけば症状が悪化することも防げます。治療は精神科や心療内科など精神的な症状を主に診てもらえるところが適切です。記憶障害はすぐによくなる病気ではありませんが、場合によっては治療の効果が大きくあらわれることもあります。症状がほぼなくなり、今まで通りの生活が送れるようになれば仕事に及ぼす影響も最小限で済みます。もちろん原因となっているストレスを取り除くことも同時に行って行かないといけませんが、すぐになくすことは難しいので、治療も同時に行っていくことをおすすめします。また症状が軽いうちに治療を開始すれば、仕事を休む必要がなく続けられることもあります。少しおかしいと思った時点で早めに治療を開始しておけば重症化する前に対処できて、薬の効きが良ければそのまま症状をなくすことができるかもしれません。忘れっぽいという症状を把握できるのは自分だけなので、気になるような症状が見られた時にはできるだけ早く病院を受診しましょう。

Copyright© 2018 ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】 All Rights Reserved.