ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】

サイトメニュー

早めに受診する

悩む女性

事前にまとめておく

人は生活の中で常に何かを覚えながら過ごしており、例えば水を出した時にはそのことを覚えておき必要な分量が溜まった時に忘れずに水をとめ忘れないよう気をつけているでしょう。そういった無数の短期的な記憶のことを短期記憶と言います。強いストレスを受けると、短期記憶が正常に働かなくなる短期記憶障害という症状がでることがわかっています。これは脳の中の状態に変化があって起こる症状なので、病院に行き適切な治療を開始する必要があります。初期の状態では気にならない程度だったとしても、自分が気付かないうちに、症状が進行していることもあるので、できるだけ早く受診をしたほうが良いでしょう。その時にはどの診療科目にかかれば良いのか迷うかもしれませんが、ストレスが原因で起こっている時には精神科が適しています。記憶というと脳が関係しているので神経内科などにかかる人もいるようですが、神経内科は脳梗塞などの脳の病気がある人の治療を行うところです。短期記憶障害という同じような症状がでているのだとしても、原因が違っていると治療法が変わるので、神経内科を受診しても適切な治療が受けられない可能性があります。脳梗塞など脳になんらかの病気がある時には、麻痺など憶障障害以外の症状がでることが多いのでストレスによるものとは違うと言うことがわかるでしょう。普段から強いストレスを受けているという自覚がある場合には、短期記憶障害の症状はストレスによるものだと言う可能性が高くなるので精神科を探して受診してみましょう。ストレスによる短期記憶障害の症状に悩んでいる時には、精神科を受診する必要がありますが、初めての受診をする時には色々とわからないことがあるかもしれません。まず初めての診察を受ける時には医師の診察だけでなく、今までにかかったことがある病気や飲んでいる薬などについても聞かれることがあります。色々なことが原因で短期記憶障害という症状がでるので、ストレス以外の原因がないかどうかをチェックするためです。また、すでになんらかの病気をもっている時には病気との関連も調べますし、内服治療を始める時には薬の飲み合わせについても調べる必要がでてきます。ストレスにより短期記憶障害がでている時には、原因をとりのぞく必要があるので内服による治療が選択されることが多くなります。仕事など休むことができる場合には休職をすることも治療のひとつになるでしょう。様々な原因が組み合わさっている場合が多いので、まずはなにがストレスの原因になっているのかを調べておきましょう。初めて受診する時には、そういった生活上の細かなことなどを質問されることがあるので、あらかじめ自分の中で困っていることなどをまとめておくと医師に症状を伝えやすいでしょう。診察の時間は限られているので、できるだけ効率よく全ての症状を伝えられるよう髪にまとめておくのもおすすめです。言い忘れが飽きることもありませんし、医師も症状を把握しやすく適切な治療を行うことができます。その時には起きている症状だけでなく、いつ頃から症状が起きたかなどもまとめておくと、より分かりやすくなります。

Copyright© 2018 ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】 All Rights Reserved.