ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】

サイトメニュー

様々な要因で発症する病気

髪を触る男性

短期間で記憶を消失

短期記憶障害ということばを聞いたことがあるでしょうか。記憶障害には長期記憶障害と短期記憶障害がありますが短時間しか記憶することが出来ない場合を短期記憶障害と呼びます。通常、人は目や耳からの情報を脳に記憶し生活をしていますが、この病気の場合、今聞いたことさえも短時間の内に忘れてしまう病気です。短い人では数十秒で記憶が失われてしまうため、日常生活にさえ支障が出てしまう病気です。この短期記憶障害を発症してしまう要因には脳の病気やストレスも深くかかわってくるでしょう。誰もが日々多少なりともストレスを抱えて生活をしています。それがある一定の範囲を越えて心や体に負担を掛けてしまった時、この短期記憶障害になってしまう場合があります。発症している本人に自覚がない場合も多く、周りの人が最初に気付くという場合も少なくありません。もし身近な人に記憶障害の様な症状が現れた場合は出来るだけ早く病院で治療を行うことが大切です。では病院を利用する場合何科を選べば良いのでしょうか。この病気の場合は精神科での治療をおすすめします。きちんと専門の病院で診てもらわないと誤った判断をされてしまう場合もあります。診断には専門的な知識が必要になってくるので精神科を受診しましょう。また病院を選ぶ際は通いやすい病院を選ぶことをおすすめします。この病気の場合何度か通院をして治さなければいけなくなってしまう場合も多いので自宅や勤務先などから近く、アクセス良好の場所を選ぶことが大切です。きちんと通院をして改善することで状態をすこしでも改善することが出来るでしょう。短期記憶障害は短時間しか記憶を残すことが出来ないのですぐに忘れてしまいます。症状としては物をどこに置いたかすぐに忘れてしまいいつも何か探していたり何度も同じことを聞くなど様々な症状が出てきます。記憶障害は短期記憶障害であっても進行性の病気になります。いかにその進行を遅くすることが出来るかが大切になってくるでしょう。現在この病気の根本的な治療法は見つかっていません。しかし進行を置くらせるための薬などは開発されているためそれらを使用した治療になるでしょう。また、病院で治療を行うと同時に自宅でのケアも大切になってきます。例え短期記憶障害であっても安心して安全な暮らしが出来る様に家族の協力であったり住みやすい様に環境づくりをすることが大切です。すぐに忘れてしまう記憶を補うためには、メモに書いてすぐ見えるところに貼っておいたりカレンダーに今日のスケジュールを書いておくなど工夫をすることが大切でしょう。また、毎日の生活の中で少しでもストレスを感じない様に工夫を凝らすことが大切です。ストレスを感じる生活では記憶の部分にも影響をしてしまうため、本人が暮らしやすい様にみんなで協力し合うことが大切です。記憶障害はストレスなど様々な要因で発症してしまう病ですが根本的な原因はまだ分かっていない病気です。記憶障害になってしまうとその家族も不安になってしまいますが、一番不安なのは発症している本人です。きちんと病院で適切な薬の処方やカウンセリングを受けることで少しでも症状を送らせることが出来るでしょう。上手に病気と付き合うためにも専門の病院に行くことをおすすめします。

物忘れが激しいとき

看護師

短期記憶障害は新しいことを覚えられなかったり、最近の出来事を忘れてしまったりするのが特徴です。単なる物忘れとは異なり、アルツハイマー病や脳の外傷などのほかに、ストレスが原因になっている場合もあります。

詳しく見る

若くても発症する

カウンセリング

短期記憶障害の症状が見られた時には強いストレスを受けるような生活をしていることが原因かもしれません。症状が重くなってくると治療が難しくなるのでできるだけ早く病院を受診して治療を開始しておくことをおすすめします。

詳しく見る

早めに受診する

悩む女性

短期記憶障害はストレスにより引き起こされることがありますが、症状が軽いうちに病院を受診することが大切です。精神科を受診することになりますがあらかじめ症状をまとめておくと、診察の時に説明がしやすくなるでしょう。

詳しく見る

人気記事

悩む女性

早めに受診する

短期記憶障害はストレスにより引き起こされることがありますが、症状が軽いうちに病院を受診することが大切です。精神科を受診することになりますがあらかじめ症状をまとめておくと、診察の時に説明がしやすくなるでしょう。

Copyright© 2018 ストレスによって起こる短期記憶障害【心療内科の医師に相談すべし】 All Rights Reserved.